IN THE SUN 障害をもつ小中高校生が、放課後や長期休暇期間、お父さんお母さんが仕事の間、先生や友達と一緒に遊んだり勉強したりする、都道府県から指定を受けた施設です。

 

about

私たち放課後等デイサービスIN THE SUNは、地域の子どもたちが
自分らしくいきいきとよりよい子ども時代を過ごすために、
家庭・学校・地域での生活を支援
しています。

 
 

message

発達障害についての理解が進み広がり学校外での時間の過ごし方に
目が向けられ放課後等デイサービスが生まれました。

もっとのびのびと運動させてあげたくはありませんか?もっといきいきと好きなことをやらせてあげたくはありませんか?もっとしっかりと勉強させてあげたくはありませんか?もっといろんな体験・経験をさせてあげたくはありませんか?もっとゆったりとたまには一息入れませんか?

私たちにできることがあります。
力を尽くさせてください。

 
 

IN THE SUNの特徴

生きることを楽にする「TEACCHメソッド」 「学ぶことを楽しくする」太田ステージ 遊びを通しての一体化した総合的カリキュラム

 
 

特徴1 生きることを楽にする「TEACCHメソッド」

放課後等デイサービスは、利用されるお子さんが、安全で安心できるところでなければなりません。
IN THE SUNは、子どもたちが、プレッシャーやストレスから解放されて、
リラックスして生き生き伸び伸びできる場所
です。

障害とは

「生き難さ」のことだと私たちは思っています。だから私たちが目指すのは、今より少し/もっと「生き易く」することです。
そのためにはまず、人も含めた環境をととのえることが大切です。
特性を理解し、それに周りを合わせること。
そのやり方がTEACCHメソッドです。
空間・時間の「構造化」とは、どこで・いつ何をしたらよいのかを「見える化」すること。ワークエリア/プレイエリア/カームエリア/トランジョンエリアを分け、スケジュールボードでセルフマネジメントを促します。

TEACCH(Treatment and Education of Autistic and Communication-handicapped Children):米ノースカロライナ大学で研究され州全体で実施されている自閉症援助プログラム

家庭・学校・地域での生活を


本を読む人

「コミュニケーションシステム」とは、

実物・写真・絵・文字・言葉、レベルに合わせたコミュニケーションツールを用いることです。何をしたらいいのかわからない、伝えたいことが伝えられない、そんな気持ちから来るパニックにさよなら!

「できる」をどんどん増やそう!!


 

 

特徴2「学ぶことを楽しくする」太田ステージ

放課後等デイサービスの対象は、

小学1年生~高校3年生までの、学齢期が対象の中心になります。 将来大人になってからの社会生活に備えて、周りに合わせることも学んでいかなければなりません。
その学びを、楽しくすること。
難し過ぎたり、逆に簡単過ぎる課題では、楽しく学べません。ちょうどよい高さのハードルを、スモールステップに並べること。その羅針盤が太田ステージです。

その後の人生のための大事な学びの時期です!


小学生

太田ステージは

講演会で、開発者の一人武藤直子先生は、「重い障害の人にも考える力を伸ばす取り組みこそが学校の使命」とおっしゃっていました。

子どもにとって、成長することは喜びです。学ぶことは楽しい。「わかる」をだんだん高めよう!


■太田ステージ:下記の図のように東京大学で研究されてきた、認知能力を高めるために、
発達段階の節目をステージ分けしたものです。
「LDT-R(Language Decoding Test-Revised):言語読解検査改訂版」によって簡単に評価できる。

STAGE4

ステージⅣ 基本的な関係の概念が形成された時期
空間関係の理解ができた段階。


STAGE3

ステージⅢ-2 概念形成の芽生えの段階。大小などの比較の基礎ができた段階。

ステージⅢ-1 シンボル機能がはっきりと認められる時期物に名前があることが
はっきりした段階(シンボル機能の初期)。



STAGE2

ステージⅡ シンボル機能の芽生えの段階。
物に名前があることが分かりかけた段階(シンボル機能への移行期)。


STAGE1

ステージⅠ シンボル機能がまだ認められない段階
物に名前があることがわからない段階(感覚運動期:前言語期)。


 

 

特徴3 遊びを通しての一体化した総合的カリキュラム

それらを一体化して総合的に遊びを通して実践するのが放課後等デイサービスです。

遊びを通しての一体化したカリキュラム

ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析)もSST(Social Skill Training:社会的技能訓練)も
言葉とお話も数字と計算も運動も音楽も美術も体験・交流も

「遊び」でなければおもしろくありません。「遊び」だからこそ「好き」になれる。「好き」をいっぱいみつけよう!

 

 

service

相談・面談・見学・体験からアセスメント(評価)・個別支援計画

まずは施設にお越しいただき、お子さまについて教えていただきます。お父さまお母さまのご要望をお聞きし、私たちにできることをご提案させていただきます。
面談日時は、土日を含め、お父さまお母さまのお仕事のご都合に極力合わせます。
私たちは療育・教育・保育の専門家ですが、一人ひとりかけがえなく違うお子さんの世界一唯一の専門家はお父さんお母さんです。
教えてください。どんなお子さんですか。
過去と現在、未来のお子さんの話をお聞かせください。そして、私たちに何ができますか。お子さまの発達評価を行い、その結果をもとに「個別支援計画」を作成します。計画は完全なオーダーメイド。
お子さんの「できる」を増やし「わかる」を高め「好き」をみつけるための、宝の地図・夢の未来図です。

車で送迎、フェイス・トゥ・フェイスで連絡・連携

学校へのお迎え・ご自宅へのお送りは専用の送迎車で行います。
申し送りやご報告は、もちろんシートに記録しますが、直接顔を見合わせてのコミュニケーションを
大切にします。
おうちでの自助・身辺自立トレーニングと、学校での勉強・学習・練習と、放デイでの活動が、バラバラだと子どもは混乱してしまいます。
お父さんお母さんと先生方と私たちが、同じ目、同じ手で、見守り支えたいものです。今日学校で何をしたのか、放デイでどうフォローしたのか、ご家庭にどう引き継ぐのか。家庭と学校と地域を結ぶ、結ぶのは「ひと」人と人との信頼関係です。

送迎バスに乗る子供



個別課題と集団プログラムのバランスと統合

教育者の役割は、ヴィゴツキーの「最近接発達領域(ZPD : Zone of Proximal Development)」にブルーナーの「足場かけ(Scaffolding)」をすること、
スモール・ステップに設定した少し高いハードルを跳ぶお手伝いです。
発達の階段の一段一段が、低く遠いとしても、療育者も同じです。発達という体験・経験は、確かに個に訪れますが、その階段をのぼる時、必ず誰かが一緒にいるのではないでしょうか。
上で腕を広げて待っていてくれるお父さんお母さんか、下で足を押してくれる先生か、横で手をつないでいてくれるお友達かが。他者との関係の中でこそ個は育つ。
支援計画は個別に立てるけれども、その遂行は決して孤独になされるべきものではありません。
ひとりでやる、誰かとやる、みんなでやる、「どれが」ではなく「どれも」が必要なのだと思います。

多様なプログラム・多彩な企画

好きなもの/嫌いなもの、得意なこと/苦手なこと、できること/できないこと、実際に経験・体験してみなければわかりません。
やりたいこと・思いついたこと、なんでもぜんぶやってみよう。そのチャレンジの中に、きっと「感動」があるはずです。
その「感動」を「趣味」に育てたい。「趣味」と言えるものをみつけることは、今現在の毎日を充実させるだけでなく、将来の社会生活を幸福なものにするポイントだと思います。

家族


 

一日の流れ

一日のタイムスケジュール

 

curriculum

TEACCHの発達単元267、太田ステージのステージ別認知発達課題、言葉とお話、数と計算、運動・ゲーム絵・工作、音楽・歌、お出かけ・交流、学校の補修(宿題・予習・復習)、イベント

 

教室紹介

施設概要

TEL 042-712-2926
開所時間 9:00 ~ 17:00
所在地 〒252-0235
神奈川県中央区相生1丁目11番9号和田ビル2階
ホームページ https://in-the-sun.jp

施設外観

  • 施設内観1
  • 施設内観2
  • 施設内観3

ご利用料金

利用料金は、1割負担で、1日1,000円くらいですが、所得に応じて上限額があります。
ひと月に何日通ってもそれ以上お支払いする必要がありません。

  • 非課税世帯0円
  • ~年収900万円 4,600円
  • 900万円以上 37,200円


 

アクセス

 
 

スタッフ

スタッフ写真

指導にあたるのは、教師・保育士・看護助手・ダンサー!
多彩な経歴と多様な個性をもつ面々ですが、心は一つ。
利用していただく子どもたちに、真に良い時間を過ごしてもらうこと。

  • スタッフ写真

    児童発達支援管理責任者:大森 美枝子
    20年以上、病院で看護助手として、
    障害のある方の直接支援に
    携わってきました。
    大切にすべき尊厳とは、子どもの場合、成長する可能性です。
    個別支援計画は、宝の地図です。

  • スタッフ写真

    管理者兼常勤児童指導員:尾山 大介
    30年間、学校・塾・予備校で、小中高校生と勉強してきました。
    学ぶことの本来的なよろこびを
    分かち合いたい。
    教育・学習に関しては、
    私にお任せください。


 

お問い合わせ

0120-579-794

042-712-2926

お問い合わせありがとうございます。
内容を確認次第、担当者よりご連絡させていただきます。
お客さまからいただいたメールアドレスが違っていたり、システム障害などによりお返事できない場合がございます。返答のない場合は、お電話でその旨お問い合わせください。
お問い合わせ内容は、フォームにご記入頂きましたメールアドレス宛にも自動返送されます。

お問い合わせ項目
お名前
メールアドレス
電話番号
連絡ご希望方法
郵便番号
ご住所
お問い合わせ内容

当社は、個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護の方針を定めるとともに、個人情報の適切な保護に努めます。
個人情報の収集、利用に関する基本原則、管理方法ならびに実効性を持たせる手段として教育・訓練、監査等について以下のとおり規定し、実行して参ります。

個人情報の収集、利用、提供等に関する基本原則

  1. 個人情報を直接収集する際は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。
  2. 収集にあたっては、利用目的を明確にし、その目的のために必要な範囲内にとどめます。
  3. 個人の利益を侵害する可能性が高い機微な情報は、本人の明確な同意がある場合または法令等の裏付けがある場合以外には収集しません。
  4. 当社が個人情報の処理を伴う業務を外部から受託する場合や外部へ委託する場合は、個人情報に関する秘密の保持、再委託に関する事項、事故時の責任分担、契約終了時の個人情報の返却および消去等について定め、それに従います。
  5. 個人情報は、本人の同意を得た範囲内で利用、提供します。

個人情報の管理について

  1. 当社が直接収集または外部から業務を受託する際に入手した個人情報は、正確な状態に保ち、不正アクセス、紛失・破壊・改ざんおよび漏洩等を防止するための措置を講じます。
  2. 個人情報の処理を伴う業務を外部から受託する場合は、委託者が個人情報を入手した際、本人の同意を得た上で、適法かつ公正な手段によって収集したものであることを確認します。

法令及びその他の規範について

当社は、個人情報の保護に関係する日本の法令及びその他の規範を遵守し、本方針の継続的改善に努めます。

本人からのお問い合わせ

本人からの個人情報の取扱いに関するお問い合わせには、妥当な範囲において、すみやかな対応に努めます。 このページの内容に関するご質問及びお客様がご自身の個人情報についてご確認されたい場合には、【TEL:042-712-2926】までお問い合わせ下さい。